×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冷え性の正体は

冷え症とは、西洋医学の病気または病名という観点からすると冷え性という病気はないというように考えられます。しかし実際には、手足が冷えるという自覚症状があり、その原因はほかの要素・病名が考えられるようです。多くの場合体のバランスの変化により起こるケースが挙げられます。一般的に、男性よりも女性に見られることが多いです。たとえば、生理不順や更年期障害など、自律神経のバランスが崩れる時に起こりやすいと考えられます。もちろん、それ以外の要因もあるわけですが、ほとんどの場合、自律神経失調タイプと考えられるといえるでしょう。総じて冷え性というのは、血流の流れが悪いことであり医学的治療の観点とは別に、自分の生活環境や習慣を見直すことで改善できることもあるようです。血流が悪くなる理由の例として、動脈硬化、煙草を吸う人はこういう傾向が強いとも言えます。また静脈の流れが悪いことで起因するケース。貧血や低血圧などがあります。ここ最近では、男性でも冷え性を訴える人も出てきています。これも生活習慣の乱れによるところが多いことからだと言えます。

家庭で出来る冷え性対策

冷えている体から、温かい体へとするたに家庭で出来る改善策は、一からの体づくりになります。基本的に年齢を重ねるごとに筋力が衰えてきます。特に体を動かす大きな筋肉です。そういう意味では、下半身の強化、ふくらはぎなどは特に重要です。何といっても第二の心臓と呼ばれるくらいですから血流が悪く冷えるのですから、流れを強くしてやればいのです。そして、筋肉量が増えることによりもう一つの利点があります。筋肉は脂肪を燃やすことにより、熱を出してくれます。つまり基礎代謝量が増えることになります。ただし、これまで運動をしていない方が無理に行うのはけがのもとです。自分の体と相談しながら最初は、ストレッチからでもいいでしょう。また、入浴のさいは、少しぬるめのお湯で、半身浴を20〜30分程度行うのもお勧めです。ただし、心臓の疾患やそのほか梗塞などある方は、必ずお医者様に相談してから行ってください。

家庭で出来る冷え症改善点

冷え性のかたは、まず生活習慣の見直しということで運動と入浴について書きました。もう一つの習慣としては、食生活があります近代人は、食べ物を旬の時期に食べるという環境が変わってしまい特殊または高価なもの以外は、ほとんどといっていいほど季節を無視した、食事になっています。食文化の変化は経済発展と共にありましたので、なかなか帰ることはできませんが、ちょっとした意識の変化で食生活は改善できすのです。つまり、旬のものをその時期に食べるだけです。逆に言うと季節感のない食材を口にしないこれだけで変わります。夏は、暑いので必然的に旬の野菜は体を冷やす作用があり、寒い冬の時期の食物は、体を温めてくれます。これを守るだけでかなり違うのです。寒い時期に、好きだからと言ってみかんを食べすぎたり、トウモロコシを食べたりそのほかにも暖かい地方でとれる果物だとか、少し考えるとわかると思いますが夏のもの暖かいちほうの食べ物は、冬に口にしないそれだけでも改善が見られます。

Copyright © 2007 家庭で出来る!冷え性の傾向と対策